2015.02.22 (Sun)

イヴァンチツェ

私は1860年7月24日にこの町、イヴァンチツェで生まれました。
本当に小さい町です。
町には今、9500人ぐらいの人が暮らしているようですが、
私が子供の頃は6500人ぐらいしかいませんでした。


一番の最盛期は16世紀でチェコ兄弟団が定住して印刷所を設立していた頃でしょう。
そして私が生まれる前ですが、1848年以降はこの地域での産業の中心地となったのです。
でも小さい町には変わりがありません。


町のシンボルはやはり教会です。
聖母マリア被昇天教会と言います。
教会の塔はこの町の象徴です。
私がこの町を描く時は大体この教会の塔が描かれています。


そうです。
私は画家です。
アールヌーヴォーと呼ばれるようになった時代に運良く成功を収めることができました。
そして私の作品が日本人の女性からも人気がある事を知ってとても喜んでいます。


申し遅れました。
私はアルフォンス・ムハです。
この町にも少ないですが展示品がありますので、
お越しの際は見学して行ってください。
写真撮影は禁止ですが…。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

A・Mucha
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
19:56  |  アルフォンス・ムハ スラブ叙事詩  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/742-2a3e2117

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |