2015.03.13 (Fri)

プラハを探す ジョージとドラゴン伝説

聖ジョージ。
ゲオルギウス、ジョルジュ、ゲオルグ、ホルヘなど、
国、もしくは言語で呼び名が変わるが同一人物だ。
チェコではイジーと呼ぶ。
ちなみに愛称はイルカ。
でもあのイルカとは全く関係はない。

ジョージは3世紀終わりから4世紀初めのキリスト教徒のローマ兵だったようだ。
そして当時、キリスト教を嫌う王によって捕えられ殉教した。
キリスト教徒にとっては殉教者はある意味英雄である。
東方正教会ですぐに崇拝されるようになり、後にカトリックにも伝わり、
それぞれの宗派や国で良いように解釈をされていった。
どこ出身で、どの街で、どの地域で何をしたかは諸説あるのだが、
おおよそアナトリア出身(現トルコ)と言われている。

ジョージの話は諸説あるが、どの地域でも語られている伝説がある。
ジョージのドラゴン退治伝説だ。

先にも述べたように諸説あるのだが、今回の現場はトルコのカッパドキアと言う事にしておこう。
その地には毒気を放つドラゴンがいた。
住民は平穏に暮らせるため、ドラゴンに子供を生贄として差し出していた。
生贄はくじで選ばれた。
ある日、生贄にその地のお姫さまが当たってしまった。
そのお姫さまがドラゴンのもとへ向かう所をジョージが目撃し、
お姫様を救うべくドラゴンと戦い、見事に仕留めた。

ある説では、毎日2匹の羊を生贄に出していたが、羊がいなくなり子供に変わり、
ある日お姫さまが生贄になったともある。

いずれにせよ、ジョージはドラゴンと戦って、お姫様を救い出した勇者なのである。
ドラゴンと戦って姫を救う勇者…
キリスト教徒でない僕もどこかで聞いた事のある話…
夢中になったあのソフトのことか…
「復活の呪文」を記し間違えて復活できなかったあのソフト…
あくまでも僕の想像だ。

プラハ城には聖イジー教会が建っている。
外壁を探すとドラゴン退治のレリーフがある。
馬上のジョージが剣でドラゴンを倒している。
ジョージが乗る馬の頭の左には助けられたお姫様と羊が、
さらにジョージが持つ剣先を見ると、
お城の塔でじっと戦いを見つめる王と王妃がいるんですね。


ジョージ伝説でした。

関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
09:45  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/748-5ec2b659

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |