2015.03.23 (Mon)

あっというまジャポン 2015春 北陸新幹線

さてさて今回の一時帰国でも利用しまくるJRパス。
プラハで一週間パスを買い求め、成田空港の緑の窓口で23日から使い始めるよう設定した。
今回のパスの表紙はかなり好きだ。


本日3月23日、ミーハーな私は、まずはこれに乗らねばならないと東京駅に向かった。
今この時期、ミーハーがまず乗ると言ったらアレしかない。
開通したてのホクホクな北陸新幹線である。
長野新幹線は乗車した事はあったけれど、あんなに行きにくかった北陸まで新幹線で行けるなんて、北陸出身ではないけれど、こんなに嬉しいことはない。
逆に困った人もいるかもしれないけれど、新幹線開通の意義はやはりでかい。
早く日本海新幹線とかできないかなと願うのは私だけでしょうか。

東京駅に着いて意気揚々と駅員さんにパスを見せ改札を抜け、車両案内を見ながら自由席は何号車なのかチェックすると、びっくり、なんと北陸新幹線かがやきは全席指定だったのですね。
またパスを提示して改札を抜け緑の窓口へ行き、並びに並んで指定券を準備した。
ちなみにこの嬉しいJRパスは指定券を無料で手配できるのである。


7:20東京発のかがやき503号は上野、大宮と停車し広大な関東平野を疾走する。
速い速い。
揺れも少なく座席も広い。
新幹線ってなんでこんなに快適なのだろう。
唯一残念だったのは隣り席には妙齢な女性ではなく、よくある臭いのするおっさんが来たことかな。
あの臭いは本当に辛い。


そうこうしていたら高崎周辺を通過し、関東平野も終わりに近づき山が見えてきた。
新幹線は山あいを縫って走ることはなく、トンネルを抜けて行く。
山陽新幹線でもそうだけど、トンネルが続くと耳が痛くなるなぁ。
誰かの例えツッコミにもあるけど、耳キーンなるわ!である。
佐久平周辺で平地になったが、またまたトンネルラッシュが始まり、耳キーン地獄が続きながら、8:45長野に到着した。
関東平野は好天だったのに雨になっている。
長野を過ぎてもトンネルは続き、トンネルとトンネルの間にたまに見える景色には残雪が見えた。
外は寒そうだ。
一度長いトンネルを抜けて新潟県に入り、かがやき503号は日本海へ疾走を続ける。
糸魚川周辺、親不知を過ぎると日本海に沿って進路を西に取り、富山県へと進んでいく。


富山県に入ったら突然、車内アナウンスが入った。
「進行方向左をご覧下さい。本当はあいにくの天気で見えませんが、天気の良い日は立山連峰が見えます。立山という山はなく…。」
曇り空で何も見えないし、知らないから想像もできない。
見えたら綺麗なんだろうな。
残念でならない。

9:33富山に到着。
一度ブラックラーメンを食べた事があるな。
あと20分ほどで終点金沢だ。
金沢までは砺波平野なのだろうか…平野をひた走る。
するとまた車内アナウンスが入った。
内容は金沢駅についてである。
駅の色調は加賀五染を意味し、柱に金箔が張られている。
日本の金箔の99%を占めている。
世界で美しい中央駅に日本の駅で唯一金沢駅が選ばれている。
などなど。

なるほどと聞いているとラスト連続トンネル。
耳キーンなりながら金沢駅に9:54到着。
時間通りに運行される新幹線は日本の誇りである。


さて、折り返し東京に戻るか。


ってうそ。
初金沢を満喫します。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
10:37  |  日本  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/757-705829a7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |