2015.03.25 (Wed)

あっというまジャポン 2015春 千枚田

朝6:30、金沢駅発の列車に乗った。
七尾で乗り換え、のと鉄道で穴水まで行く。


穴水は今人気の遠藤関が出身地で知られている。
って、当地に来るまで知らなかったけど…。
そこからバスに乗り換え10:08輪島駅に到着した。
なんと石川県内なのに3時間半もの旅であった。

まずは日本三大市場のひとつと呼ばれている朝市を見学。


しおからとか、しおからとか、うまそうだったなぁ。
ここ朝市通りには永井豪記念館がある。
永井豪さんの父親が輪島生まれで通り沿いにある永井洋品店が実家だそうだ。
わいち通りや工房長屋など歩きながら漆細工を見る。一瞬、焼き物か…と思わせる物もあり、漆塗りの技巧の高さに感心するも、あっいいな…と感じる物はめちゃくちゃ高値でまったく手が出ない。
普段に使いたいと感じた湯呑みがひとつ1万円を超えるのですもの。

輪島塗は高嶺の花よと肩を落としふらっと訪夢へ戻る。以前輪島駅だった所だ。
そこは今、バス発着所となっており、そこから今回の旅の目的の一つだった白米の千枚田に移動した。


金沢に行くにあたり能登の観光スポットをチェックしていたら、どのサイトにも荒々しい波打つ海岸から段々と登っていく千枚田の写真があり、どうしても生千枚田を見たくなったのだ。


季節によって千枚田の顔も変わってくるけれど、私の想像だと田植え前に田んぼに水が張られた時が綺麗なのではないかな。
太陽の光が田んぼの水に反射して田んぼがキラキラ光っている。


想像したら綺麗だと思いませんか?


どうなのだろう?
写真では冬季にライトアップされている千枚田があったけれどいつがベストだろうか…とバスで考えていると、ふらっと訪夢に到着。
金沢に戻ろう。
金沢への帰路は往路の逆パターンにしようと予定していたけれど、ふらっと訪夢で確認すると直通バスに空席もあったので楽なバスを選び、爆睡で金沢まで帰りました。


ちなみにふらっと訪夢にゴーゴーカレーのお店があり、バスまでの時間、ゴーゴーカレーを食べて時間を費やしたのです。
これも金沢カレーでドロドロ感の強い私好みのカレーなんです。
2日で2食って…黄レンジャーみたいだな。


金沢での夜はまたヤバいぐらい、大人を駄目にする美味しいお酒とお魚料理を頂きました。
ご一緒した金沢在住紳士ご夫婦に感謝です。




関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
18:27  |  日本  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/759-f4efb6ab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |