2011.09.08 (Thu)

プラハを探す 大和撫子

プラハ新市街は1348年3月にカレル4世の命により設立された。
設立後、街の周囲を全長約3.5kmの壁が取り囲んだ。
19世紀後半に街の近代化が図られると共に壁が取り壊され、
跡地に色々な建物が建てられるようになった。

その跡地に建てられた代表的な建造物の一つに「プラハ本駅」がある。
1871年から操業を始め、「フランツ・ヨーゼフ駅」と名付けられていた。
1901年から1909年に掛け、ヨゼフ・ファンタの設計で改築される。
それが現在の駅舎だ。パリの北駅をイメージしたとの事である。
第一次世界大戦後はチェコスロヴァキア独立に尽力した米国大統領、
ウィルソンの名を付け、「ウィルソン駅」とも呼ばれていた。

IMG_0545.jpg
ヨゼフ・ファンタ

IMG_0542.jpg
アール・ヌーボーの綺麗な装飾だが、かなり老朽化が進んでいる。

IMG_0530.jpg
外壁には人面を装飾しているのだが、よく見ると、
すべて女性の顔になっている。
いろんな国の女性をイメージしていて、
その国の特徴を女性が持っているのだけれど、
はっきり言って、よく分からない。

IMG_0531.jpgIMG_0532.jpgIMG_0533.jpgIMG_0534.jpgIMG_0535.jpgIMG_0536.jpgIMG_0537.jpg
最初は帝国の双頭のワシだから、ロシア人か、オーストリア人。
最後はダビデの星があるのでユダヤ人なのかな。

そんな中、我らが撫子ジャパンもしっかりいるではないか!
IMG_0538.jpg
これは完全に日本人女性だと分かる。
耳元から下がる髪飾りには強引に読むと、
「ぷラハ(左)、へようこそ(右)」
って読めてしまうんだけど、強引過ぎるかな?
IMG_0539.jpg

♪線路は続くよどこまでも
  野をこえ山こえ谷こえて
   はるかな町までぼくたちの
    楽しいたびの夢つないでる♪

作詞:左木敏 「線路は続くよどこまでも」




関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
11:33  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/76-12f22b00

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |