2015.07.30 (Thu)

プラハを探す 汚いお手洗い

私は字を書くのが下手である。
小学生の時に書道を習っていたけれど、
落ち着きがなかったからか、お手本の真似をできず、
上手になる手応えすら見出せなかった。
そしてそのままの状態で齢を重ねすぎてしまっている。
しかも今は完全にキーボード打ち込み時代で字すら書かなくなっているから、
たまにペンを持つと右手の違和感が甚だしい。
だから直筆で書類提出なんてなった日にゃたまったものではないし、
私の字が人さまの前に曝け出されるなんて考えただけでもぞっとする。

さて、1999年某月、私はプラハの某高級土産店で勤務していた。
そう、あっという間に観光ガイドに戻ったけれど、1年半近く店員さん時代があったのだ。
1997年3月にプラハに来た私は、まず観光ガイドをしていたのだけれど、
一向にチェコ語が上達しないからと、チェコ人しか働いておらず、かつ、
日本人を必要としそうな某高級土産店にお世話してもらうことにしたのだ。

その店員として働き始めた時、マネージャーから頼まれた。
「モト、この紙にトイレって日本語で書いてくれ。」

自分の名前や好きな事物を日本語で書いてくれとお願いしてくるチェコ人は多い。
私は頼まれると漢字、ひらがな、カタカナと3パーターンで書いてあげる。
しかも私の汚い字で・・・。
今まで書いて傑作だと思ったのは女性名のペトラ。
「屁虎」と書いてあげました。
しかも屁の右上にぱ行の丸もしっかりとつけて。
そんなだから、たまたまトイレの日本語を知りたかったのだろうと考えた。
「しかし、何故トイレなんだ?でもトイレよりはお手洗いのほうがベターかな?」
と頭の中クエスチョンマークではあったが、
手渡された紙に結局「お手洗い」と書いた。

紙を受け取ったマネージャーは満足げに、しかも、
格好付けた口調で「ディキー」と礼を言って去っていった。

そんなやり取りをすっかり忘れていた後日、店内を歩いていると驚いた。
新たな看板が設置されており、そこには見覚えのある「お手洗い」が…。


このためだったのですね・・・。
当時だってすでにキーボード打ち込み時代だったのだから言ってくれれば…。

私は字を書くのが下手である。
今なお残る汚いお手洗い。
厠と書かなくて良かった。

関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
10:42  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/794-b3e6fdf2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |