2015.08.12 (Wed)

プラハで食べる 83 krkonošský guláš

今夏プラハは暑い日が続いている。
今までも気温が40度近くまで上がる日はあったが、
35度を超える日がが2週間ほど続いた夏はなかった。
夏らしくて良いけれど、度がすぎるぜ。
こんなに暑いとチェコ料理なんて食べる気はしないが、
先日、不思議とグラーシュを食べたくなっちまった。

安価なグラーシュを求め簡易食堂に行き、
トレイを持って注文カウンターの列に並ぶ。
注文カウンター内にあるメニューを見ると、
ピルゼンスキー、セゲディンスキー、マジャルスキー、
クルコノシュスキーと4種類もグラーシュがあった。

クルコノシュスキー?
思わず頼んでしまった。


見た目には普通のグラーシュに見える。
しかしフォーク&ナイフですくうと、牛肉の他にマッシュルームとベーコンが入っていた。
インターネットでレシピを見るとケチャップも使われているようだ。
マッシュルームとベーコンでなぜクルコノシュスキーなのだろう?
クルコノシェはチェコ北部の山脈地帯だ。
ん~奥が深いぜ、グラーシュは。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
22:06  |  プラハで食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/798-f1a4a4f0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |