2015.08.26 (Wed)

レドニツェ・ヴァルティツェ景勝地 後

前回、8月頭に出掛けたレドニツェ・ヴァルティツェ景勝地について書いた。
あまりにも広すぎて時間が足りずエリア全域を周り切れなかった。
その悔しさが残り、先日また彼の地を訪問してしまったのだ。
もの好きな俺である。

まずはヴァルティツェから2kmほど奥地へ行った。
ここは景勝地エリアとしては最南端にある。
モニュメントはコロナーダだ。


コロナーダは丘の上に建っており、
ぶどう畑越しにヴァルティツェの町が一望できる。
月曜日以外はコロナーダの上に登れるのだけれど、
出掛けた日はドンピシャの月曜日でコロナーダニは登れず。
残念。


そしてここはもうオーストリアとの国境間近だ。
国境へ行けば今はなんのチェックも無く歩いて越境できてしまう。
しかし、昔は厳しいチェックをしていたであろう国境の建物が残り、
その建物は「鉄のカーテン博物館」なる展示場となっていた。
入場せず。


私は徒歩ではなく車で国境を越えた。
超えたすぐの所でぐるりと辺りを見回すと、
遠くにミクロフの町が見えた。
肉眼でははっきり見えたがカメラでは見えなかったか。


その後、再びチェコへ戻る。
舗装されていない裏道を通り、もうひとつのモニュメントへ向かった。
昔のオーストリアとチェコの国境に建てられた「国境の館」だ。


さて前座はこれぐらいにして、この景勝地のメインに行こう。
メインはやはりレドニツェ城。
まず脇目もふらず船着場へ向かった。
ボートに乗り水路でミナレットまで行くためだ。
2kmの距離を20分掛けて進む。
運賃は130コルナ。
舵をとる船頭は語る。
「レドニツェ・ヴァルティツェの水路、運河、小川はディイエ川の洪水対策のために作られた。
水位は年間を通して一定で、水深は1.5mほどだが、それと同じく1.5mの泥が沈殿している。
だから、ボートから落ちたら泥にはまって出れないから気をつけるように。
庭の木々には日本から持ってきた木もある。
ミナレットの頂上からは運が良ければウィーンのシュテファン寺院の塔が見える。
さらにはアルプスだって見えるのだ。」


前回、お城のガイドもシュテファン寺院の事を説明していたけれど、
本当に見えるのかな?しかもアルプスだって…。
確かにアルプスの終いはウィーンだけど、
よっぽど空気が澄んで天気が良くないと見れないだろうな。


一応ダメもとながらも期待を込めて、
302段の階段を登りミナレットの頂上へ進む。
天気は曇天だ。


レドニツェ城は綺麗に見えた。
列車の国境駅の町、ブジェツラフも見えた。
遠くを見ても、やっと風力発電の風車が見えるだけ。
さすがにウィーンまでは見えない。


再びミナレット船着場に戻り、今度は水路でヤン城に向かう。
約4kmの距離を40分掛けて進む。
運賃は160コルナ。
川沿いにはテントが張られている。
そばには釣り人がじっと座っている。
キャンプしながら釣りをしているのだ。
船頭の話によると、許可制で解放されているのだそうだ。
しかし一体、何が釣れるのだろう?
ナマズかな?


そんな川沿いの景色を眺めていると突然、城が見えてきた。
ヤン城である。


あえて瓦礫状で造られた19世紀初めのお城。
中世の古城をイメージしたのだろう。
ロマン主義である。


そこからは自分の足でレドニツェ城に戻る。
緑のトンネルを抜ける。


馬車が追い越して行った。


今回の訪問でもまだ全部見きれていない。
レドニツェとヴァルティツェの間にまだ見所があるのだ。
アポロン神殿や狩猟館など。
でも、とりあえず見たい物は見た。
景勝地も巡った。
レドニツェ・ヴァルティツェ・・・
そこそこに見たつもりになったが、ひとつ疑問が。
なんでここはユネスコなのかな。
ユネスコの基準が分からなくなってきている。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
07:33  |  モラビア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/806-a8d1328f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |