FC2ブログ

2015.09.27 (Sun)

プラハを探す 呆れてる子供

プラハはマラーストラナにあるマルテージュスケー広場には日本大使館がある。
日本大使館が利用している建物は大きすぎず、小さすぎず、
お洒落な建物でぼくは好きな建物である。

この建物はもともとはルネサンススタイルの家で、17世紀終わりにバロックスタイルに改築され、
1760年代にトゥルブー伯爵家のためにロココスタイルに手直しされた建物だ。
トゥルブー伯爵のための建物と言う事で、トゥルボフスキー宮殿と言う名で呼ばれている。


建物には菊のご紋、日本大使館の看板、休館日案内板が設置されている。
チェコに住み始めた邦人、日本へ訪れるチェコ人など、
大使館に行けばいろいろ親切にお手伝いしてくれる。
ただ今現在、ぼく自身が大使館にお世話になることはほとんどない。
ないが、仕事柄、ツーリストのヘルプで大使館に来る事はある。
何のヘルプかと言うと、パスポート再発行のお手伝いだ。

残念な事ではあるが、スリや置き引き被害が多いプラハでは、
滞在中にパスポート盗難、紛失といった被害がまれにある。
褒められた事ではないけれど、プラハのスリや置き引きは強盗、強奪ではなく、
隙を見つけてカバンから貴重品だけ抜き取るというテクニシャンスリが多い。
だから被害者には申し訳ないが、「抜き取られたあなたに隙があったのでしょうね・・・」
という節が多分にあるのだが、さすがにそのような文言を直接被害者に言えないし、
被害者は相当ショックを受けているし、明日は我が身!でもあるから、
真摯な気持ちでお手伝いをするし、大使館の担当者も本当に親切に対応してくれる。

でもね、大使館の前に立ったら建物の上を見上げてごらん。
1760年代にすでに予知されていたのかな?
あれま・・・
またか・・・
だって。
呆れて、頭抑えてるよ。


プラハにいらっしゃる方々、貴重品管理はくれぐれも気を付けてください。
他人任せはダメです。
貴重品は自己管理ですよ。
常に緊張感を持って行動してください。


関連記事
スポンサーサイト



メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
16:08  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/814-62346dd2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |