2015.11.24 (Tue)

ウィーンで見つけよう。

ウィーンまでお客様を送る仕事があった。
仕事ウィーンは久しぶりだ。
各旅行社とも不景気と安値旅行代金からくる経費削減で、外国に行く仕事はかなり減ったなぁ。
ウィーンまで送った翌日、シェーンブルンに向かうお客様を専用観光バスに案内したあと、私はプラハに戻る電車までの時間、リンク内であまり行かないエリアを歩くことにした。
リンク内のあまり行かないエリアとはどこか…。
シュテファン寺院をど真ん中としたら右側である。
ケルントナー、グラーベン、コールマルクト、ホーフブルグ、オペラではないエリアの方だ。
そこはウィーンに来ても普段歩かないエリアだから新鮮で、楽しく歩くことができた。
そんな時、こんな面白い彫刻を見つけてしまった。


シーツのようなものを頭からかぶるお母さんの豊満な胸元に男の子と女の子が顔を近付けて安堵の表情をしている。
写真の左側が男の子だというのはおちんちんがあるから分かる。
そして写真右側が女の子だというのもおちんちんがないことから分かる。
男の子と女の子の位置をよく見ると面白い事に気が付いた。
女の子はおっぱいに関心があるのではなく、お母さんの心臓の音に耳を傾けているのに対し男の子はおっぱいありきなのだ。
オトコって…。


ボクが飲んで、イモウトも飲んだのに、
小さくならないママのおっぱーい…。
そんな歌を思い出した。

他にも多分有名店だとは思うけど洒落た靴屋も見つけたんだ。


おっぱいがいっぱーい。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
22:16  |  オーストリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/828-21a8f3fa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |