2015.12.06 (Sun)

プラハを探す キュビズムキオスク

確かにぼくがプラハに来た時からあった。
でももっと汚かったと思う。
「汚いキオスクだな。」と心中呟いていたはずだ。
でもごめん。
このキオスクは文化財キオスクだった事を初めて知ったのである。


1920年代に建てられたキオスクで、設計者や建築家は知られていないけれど、
チェコキュビズム精神を持つ建築家パヴェル・ヤナークの案やスケッチにある物と似ており、
年代やスタイルでもヨゼフ・ゴチャールの設計でプラハ・クベリ空港に建てられた木造の家と匹敵できる。


実際にはロンドキュビズムを変形した建物になるが、
チェコキュビズム建築で保存されるべき建物なのである。
そしてこのキオスクは当時のままのように外装、内装ともに修復され、
建築当初の用途で今も活躍している世界でも珍しいキオスクなのだ。
そんな可愛らしいキュビズムのキオスクを探してみよう。
プラハ本駅のそばにあります。

キュビズムとは何か…。
ググって頂ければ多数答えが出て来ますよ。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
21:47  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/829-a3d6fb08

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |