2016.02.22 (Mon)

ドナウベント

ブダペストから車で30分ほど北に走るぅ。
着いた所はセンテンドレェ。
ここは小さく可愛らしい町ぃ。
某有名ガイドブックによると、
15世紀にオスマントルコの支配からのがれてきたセルビア人が定住したんだってぇ。
ふ~ん。
とボビー・オロゴン調で始まりました。
YOUは何しにセンテンドレへ?


まず駐車場に車を置いたYOUは町を散策ぅ。
天気はあいにくの雨だったけど、可愛い町には変わりなぁい。
そしてYOU向かった所は、マジパン博物館。
ハンガリーはマジパン細工のお菓子作りが有名なんだってぇ。


入場料500フォリント(約250円)払って、階段を登ると、
まず出迎えてくれたのは有名なネズミくん。
♪タンたらタンタン、タンたらたらたら、タンたらタンタンたらたらタン、
タンたらタンタン、タンたらたらたら、たらたらたらたらたらたらタン♪


そして隣には超有名人がぁ。
62kgのマジパンを使って336時間かけて作られたんだってぇ。
♪びこ あべえ あべえ かもん、
ゆの あべえ あべえ ゆのい、
ゆの あべえ あべえ かもん ゆの、
あんほーわーはすとぅあんさらいなう
じゃすてるゆうわんあげ
ふうばあ♪
って、どうもすみません。


そして見ものは国会議事堂。
60kgのマジパンを使って4か月もかけて作られたんだぁ。
すごい。


ほかにもサボテン。


ブーフーウー。
三匹の子豚ぁ。


ハンガリーの王冠。
ぜ~んぶマジパンで作られている。
一見の価値ありぃ。


センテンドレを後にしてドナウ川沿いに進み、
昔の要塞だったヴィシェグラードに到着。
ドナウ川がほぼ直角に曲がって流れている所を見下ろす事の出来る。
ただ、今日は寒かったぁ。


最後にエステルゴム。
ハンガリーのカトリック総本山の大聖堂が建つ。
電車でブダペストに向かう時に車窓からの景色でしか見た事が無かった。
だから今回が初参拝。


ドナウ川に架かるマーリア・ヴァレーリア橋を渡ってスロバキアへ越境。


スロバキア側から大聖堂を望む。


ドナウベント。
ドイツからずっと東に流れているドナウ川がウィーンを過ぎブラティスラバを過ぎ、エステルゴム大聖堂を過ぎ、
ヴィシェグラードを過ぎたあたりからほぼ直角に曲がり、北から南に流れて行く。
ドナウ川が北から南に流れるのはこのハンガリーだけで、
国境を越えてセルビアに入ると流れは緩やかに西から東に戻る。
ドナウの曲がり角、ドナウベント。
ブダペストからプラハに戻る時に寄った観光スポットでした。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
15:45  |  外国旅行  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/846-ee028342

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |