2011.10.07 (Fri)

細矢 vs スリ vol.2

ニセ警官 その1

あれはまだプラハに来て間もない1997年の3月。
まだ春も遠く、その日も寒い日だった。
何でその場を歩いていたかの記憶はない。
私はヴァーツラフ広場から路面電車に沿ってヴォディチコヴァ方面に歩いていた。
そのヴォディチコヴァにはプラハで初めてオープンしたマクドナルドがある。

ちなみにプラハでマックがオープンしたのは1993年で、長蛇の列ができたとのことだ。
今も人気はあるけれど・・・

私が歩いていると、トレンチコートを着た細身の男性が近づいてきて、
なにやら身分証のような物を提示し、こう言ってきた。
「警察です。パスポートと財布を見せなさい。」

運良くパスポートを持っていたのでパスポートを提示すると、
「では財布を。」
ときた。

当時は予防線など張っていなかったので、私は素直に財布を見せた。

まだ仕事も始めていなかったので、貧乏だった私である。
財布の中にはたった50コルナしか入っておらず、
それを見た自称警官は何も言わず去っていった。

50コルナっていうと当時も250円ぐらい。
でも当時は500mlのビールが4杯は飲めた。

その自称警官は私を哀れに思ったのだろうか・・・

知らない人がいきなり「財布を見せろ!」なんて言うわけがないし、
そんな人に見せる必要がない。

最近は減ったけれど、こんな人が来たら要注意です。

つづく




関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
14:58  |  細矢vsスリ   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/85-ff1c8684

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |