2016.03.30 (Wed)

SLに乗って。Lößnitzgrundbahn

3月某日ドレスデンの郊外。
この駅にいた。
プラハからだと車で2時間ほどの所だ。
ラーデボイル東駅。


なぜこの駅まで来たかというと、
レースニッツグルンド鉄道に乗るためだ。


なぜ乗りに来たかというと、
牽引列車が蒸気機関車だからだ。


レースニッツグルンド鉄道はラーデボイル東駅からラーデブルグ駅までの全長16.6kmを、
蒸気機関車が約50分かけて走り抜く、今も人気の路線なのである。
今回は30分ほど乗車して、駅舎もないクンナーツヴァルデ駅で下車をした。
ある物を見るためである。


下車した瞬間に雨が降り始め、一時はひょうになるなど悪天候の中、
カサも持たずに寒さに震え、凍えながら1.6kmほど歩くと湖に出た。
湖に着くとありがたい事に雨が上がった。


湖にはピンクの可愛らしい灯台のような物が建っている。
まず見たい物のひとつであった。


そこからさらに散歩道を歩く。
太陽の暖かさに感謝し、冷風に小言を言いながら、
てくてくと灯台から約2kmほど歩くと再び湖に出る。
この湖にはバロックのモーリッツブルグ城が建つ。
この城を見るのも目的のひとつであった。


もとは16世紀の半ばにザクセン公モーリッツが狩猟の館として建てたが、
18世紀に入り、アウグスト強王がバロックスタイルで改築させた城だ。
お気づきの通り湖も人工湖である。


蒸気機関車に乗りたくて、湖上に建つ優雅なお城を見たくて、
今回はここまでやって来たのである。


お城の正面門から延びる一本道を15分ほど進むと、モーリッツブルグ駅にたどり着く。
ここからラーデボイル東駅へ戻るのだ。
「灯台は見なくても良い!」という方は往路もこの駅で降りるのが良いであろう。


ラーデボイル東駅からの列車が到着した。
時刻表によると、この列車は当駅止まりで折り返しラーデボイル東駅行きになっている。
だから牽引列車はどうなるか興味を持った。
最後尾となった蒸気機関車が客車を押していくのかと思ったら、
しっかりと切り離されて先頭へ移動していった。


そして再び客車に連結される。
しかし、そばに転車台は無いので、機関車の顔が客車に連結された。


だから帰りは機関車の顔を見ながら車窓を楽しむ事ができた。


さて今回の行程では、往復切符の値段はオトナ12.7ユーロ。
シーズンオフだったからか、列車乗車時に車掌から直接切符を購入した。
時刻表はhttp://www.loessnitzgrundbahn.deで検索できる。

アクセス方法として、自動車でラーデブルグ東駅に行く場合は、
駅のそばにあるスーパーマーケットREWEの有料駐車場に止めれば良い。
ドレスデンから列車で出掛ける場合は、
SbahnのS1線、RegionalexpressのRE50ではRadebeul Ost駅、
ドレスデントラム4番ではRadebeul Landesbühnen Sachsen駅が最寄り駅だ。

子供も大人も楽しめる蒸気機関車に乗ってみてはいかが?
ちなみに次はチェコとドイツの国境の沿って走る、これまたドイツ側だけれども、
Fichtelbergbahnに乗車してみようと思っている。




関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
12:23  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/853-73dd7529

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |