2016.04.09 (Sat)

プラハでお花見はいかが

春。


昨日4月8日、長く工事していたケーブルカーが復活したので、そのケーブルカーに乗りに行ってきた。


久しぶりの開通と言う事もあって、子連れチェコ人ファミリーも多くいたな。


だからと言って真新しい変化はなかったけどね。


レンギョウとミニエッフェル塔を見る。
鮮やかな黄色に心打たれた。


ケーブルカーが走っているのはペトシーンの丘。
ここは散歩コースにもなっているから、好きな道を歩いてみよう。


丘の中腹には桜の木が植えられていて、プラハ中心部でお花見をするのには最適な場所だ。


しかし、標高の関係なのかまだつぼみ状態。


せっかちなつぼみはもう開いてしまっているけれど…、


こんな花でいっぱいになるのである。


中腹部よりも下の方には、リンゴ、ナシ、プラム、酸実(ズミ)などの木が花咲かせたり、すでに散っていたり。


それでも白い花の隙間からみえる街がより美しく感じられるのは確か。


さて、この一週間かな。


ピヴォを片手にお花見に来てはいかがでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
08:10  |  プラハで観る  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/858-75f2e07a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |