2016.12.08 (Thu)

伝統とはなんぞや

最近ネットニュースで見た。
餅つきイベント中止に除夜の鐘中止。
理由は前者が衛生面、後者は騒音だと言う。

これは「日本おわた」の始まりのはじまりかもしれない。
一体全体誰がそんなしゃかりきに文句を言っているのだろう?
まず餅つき。
確かに自治体が食中毒防止対策のために、イベントを中止したいと思う気持ちはわかるけれど、餅つきはお正月の風物詩ではないか。
寒い中、外で、臼に入れられた熱々のもち米が湯気を発し、それが杵で打たれるたびに餅に変わっていく。
それを子供達は目を輝かせながら見、寒いから口でハアハアと手を温めながら、餅が出来上がるまで待っている光景はなんとも微笑ましい。
でも、最近は知らないけど、寒いから室内でやったり、ショッピングモールのイベントホールでやったりするのかな?そしたら外よりも気温は暖かいから菌も繁殖するよね。
実際は知らないけど。

で、除夜の鐘問題。
まずたった108つ打ち終わるのも待てなくなってしまったのか。
実際、除夜の鐘が鳴る時間にあなたは何をしてますか?
紅白歌合戦で今年は良かったね、つまんなかったなと感想を話している。
笑ってはいけないで笑っている。
格闘技を見て興奮している。
そんな時に除夜の鐘が鳴り始めて気付くかなぁ?
まあ気付いたら、「あっ鐘鳴ってる。新年だ!」と感じるだけだと思うけど、そうじゃない人もいるんだね。

最近ネットニュースを見ていると(あくまでもネットニュース)、日本人は心が狭くなった気がする。
何かとつけて中止、開催見送りだ。
主催側の「なんかあったらどうしよう?責任取りたくない!」感が強くなっているんだろう、クレーマーが多すぎて。

そのうち、七五三を中止する神社が出て来て、節分の豆まきも無くなって、端午の節句で鯉のぼりも上がらず、お彼岸でぼた餅も食べず、挙げ句の果てには、雪まつり、ねぶた、竿頭、七夕、祇園、だんじり、阿波踊りなどの超有名なお祭りも開催されず、縁日も衛生面でどうだろうと疑問視され、騒音だと言って花火大会も中止になり、残るイベントはバレンタインデーとホワイトデーとハロウィンとクリスマスだけになってしまうかもしれないぞ。

仮にチェコでクリスマス前の鯉の市場や豚を捌くお祭りが衛生面で無くなり、イースターの鞭打ちがセクハラパワハラだと言って無くなり、魔女焼きの日は火が危険だからと言って無くなったらどうなるかな?
たぶん口を揃えて「はっ、何アホなこと言ってんの?そんなの気にしないからやろやろ。」ってなるんだろうな。
だって伝統なんだもん。
伝統は民族意識の確認の術でもある。
日本伝統や各地域の伝統を知識だけでなく行動活動実動してこそ、日本人たる意識や県民性地域性を保てると思うのだけど、どうなんでしょうか?
と、高齢者に問いたいけれど、もし反対者のほとんどが高齢者だったら、もう世も末ですね。
目を覚ませ、ニッポン!
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
10:26  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/912-7a26b27f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |