2017.01.05 (Thu)

蜂蜜入り蜂の巣

先日、チェコ有数の温泉地でもあるカルロヴィヴァリに出掛けた時の事です。
確かに前からあったと認識はしていましたが、人間て面白いものでその時に興味がないと見えて来ないようで、前までは全く気にかけていなかった物に目が止まったのです。
それは「蜂蜜入り蜂の巣」でした。


カルロヴィヴァリの郊外にあるDalovice村の養蜂家が販売元で、蜂の巣もそのまま食べられるようになっているから、必要なだけ手で割って調理に使用する事ができるます。


一欠片割って食べてみると、まあ普通にハチミツでした。
ただハチミツは口の中で溶けてなくなるのですが、残った蜂の巣を噛み続けているとなんかチューインガムのようになってしまったので、飲み込むのを諦めてしまった事もご報告せねばなりません。
多分、熱いティーとかクッキングに使えば問題ないのではないかと思います。


値段はひと瓶78コルナでしたので、日本円にしたら400円ぐらいです。
面白いし安いですよね。
他の町でも販売しているのかどうか分からないのですが、もしカルロヴィヴァリに出掛ける機会があったらお土産にひとついかがでしょうか?


フジーデルニーコロナーダとマーケットコロナーダの間にオプラトキと言うウェハースを売っているお店があって、そこで売っていましたよ。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
07:25  |  ボヘミア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/918-2cb73e73

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |