FC2ブログ

2017.01.24 (Tue)

Ahoj のこと

Ahoj! アホイ!
これはチェコ語で親しみのこもった挨拶です。
スロバキアでも使います。
家族、親戚、友人、同僚が出会った時や別れ際に、
元気に大きな声で「アホイ」と言います。
親しい中であれば電話でも「アホイ」と言って話し始めるのです。

ただチェコ人も挨拶を重んじるタイプなので、初対面の人、
仕事の上司、先生などに対してはこのアホイは使いません。
その場合は普通にこう言います。
「dobry den 良い日を(こんにちわ)」
「na shledanou またお会いしましょう(さようなら)」

そもそもアホイってなんなのでしょうか?
とある資料によると、中世ヨーロッパで、主にカトリック圏で、
海賊を恐れた船乗り達が使っていた言葉だとありました。
当時、航行中に海賊と遭遇してしまうと助かる見込みはほとんどありませんでした。
船長、船員、乗船客、巡礼の信者、誰もが海賊を恐れていたのです。
ですから、航行中に海賊と遭遇しないための祈りの言葉として、
また行き交う船に自分たちが海賊では無いという証明の合言葉として、
この言葉を使ったのです。
「イエスを尊重(尊敬)するために!」
当時カトリックではラテン語を使用するのが常でしたから、ラテン語に直すとこうなります。
ad honorem jesu
これを普通に言っていると長いですし舌を噛みそうになすりますよね。
そこで頭文字を繋いで短縮しAHOJと言ったそうなのです。
真実はどうなのかは分かりませんが、このような経緯があり、
1751年にはイギリスで船乗りがAHOYを挨拶として使っていたようで、
恐らくドイツ経由でチェコに浸透した言葉とも言われています。
さらに、エジソンと競っていた発明家ベルは自身が発明した電話での挨拶として,
このAHOJを提案したとも言われています。
結局はhelloになってしまいましたが…。

いずれにせよ、中世の船乗り達が海賊の被害に合わないようにするために、
日常の挨拶や合言葉として使っていた言葉という説は正しいようです。
その証拠にチェコでは今も川でカヤックやボートを楽しむ者、
ハイキングやオリエンテーリングを楽しむ者はすれ違いざまに挨拶します。
「アホイ!」と。
「我々は海賊、山賊では無いですよ。」
の意思表示も込めた挨拶なのかもしれませんね。
パイレーツ

信じるか信じないかは読者次第です。
マウスでペイントは面白いですね。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
20:59  |  チェコ語  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/925-a32a1f29

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |