2017.03.01 (Wed)

スラブ叙事詩 in 東京

3月8日より東京国立新美術館にて、我らが巨匠、アルフォンス ムハ(ミャシャ)作のスラブ叙事詩20点が展示されます。
圧倒させる迫力と細部にまで行き届いた緻密さで、観る者を唸らせる絵である事は間違いありません。

ちなみに全くをもって関係ありませんが、3月8日は私がプラハに来た日です。
その日からムハ展が始まるなんてなんて偶然なのでしょう!と勝手に感激しています。

そのスラブ叙事詩はただ単に絵を観ただけでは「すごい!きれい!」で終わってしまいます。
それでは勿体無さすぎるのです。
そこで、2012年8月にすでに当ブログで書いた「スラブ叙事詩」をほんの少しだけ書き直してアップする事にしました。
全20点の細矢的解説です。
日本ではよく知られていない歴史的背景も書いているので、当ブログを読むことでますます分からなくなるかもしれませんが、スラブ叙事詩を観る事はチェコ及びスラブ圏についてより知る事になるので、そのお手伝いになれば良いかなと勝手に考えています。

また東京ではどのような順序で展示されているか分かりませんが、プラハで展示されていた絵の順序で解説しています。

スラブ叙事詩は20点あるわけです。
1枚の絵に2分掛けても40分掛かる事になります。
3分で60分、5分掛けたら100分です。
それでもあっと言う間に時はすぎるでしょう。

↓それでは、スラブ叙事詩の世界にいってらっしゃい!
スラブ叙事詩序
スラブ叙事詩 スラブの起源
スラブ叙事詩 リューゲンのスヴァントヴィトの祝典
スラブ叙事詩 スラブ式典礼の導入
スラブ叙事詩 ブルガリア皇帝シメオン1世
スラブ叙事詩 チェコ(ボヘミア)王オタカル2世
スラブ叙事詩 セルビア皇帝ステファン・ウロシュ・ドゥシャン、 東ローマ帝国皇帝の戴冠
スラブ叙事詩 クロムニェジージュのヤン・ミリーチュ
スラブ叙事詩 グルンヴァルドの戦いのあと
スラブ叙事詩 ベツレヘム礼拝堂でのヤン・フスの説教
スラブ叙事詩 クジージュキの集会
スラブ叙事詩 ヴィートゥコフの丘の戦いのあと
スラブ叙事詩 ペテル・ヘルチツキー
スラブ叙事詩 フス派の王 ポデェブラディのイジー
スラブ叙事詩 ニコラ・ズリンスキによるシゲトの防衛
スラブ叙事詩 イヴァンチツェの同朋学校
スラブ叙事詩 ヤン・アモス・コメンスキー
スラブ叙事詩 アトス山
スラブ叙事詩 スラブの菩提樹の下での青年の誓い
スラブ叙事詩 ロシアでの農奴廃止
スラブ叙事詩 賛美「人類のためのスラブ人」

いかがでしたか?
もし読みにくい、分かりづらい、物足りない、そう言う点は、美術館で詳細な解説書が販売されているでしょうからそちらで補ってくださいね。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
10:00  |  アルフォンス・ムハ スラブ叙事詩  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

*Comment

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2017.05.21(日) 17:13 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/929-dd1f2bad

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |