2011.10.21 (Fri)

細矢 vs スリ vol.10

グループと共に旧市街広場の市庁舎にある仕掛け時計を見るべく塔の前にいた時のこと。

すでに他にも同様のグループが待機しており、
私達もグループ全員が入れるスペースを見つけ待機していた。
私達が行った所にはすでに中国人グループがおり、
そのグループのそばにピッタリとスリの親子が引っ付いていた。

ガイドシステムだったので、スリの動向に注意しながら、まず仕掛け時計の案内をし、
その後お客さんが焦らないようにスリへの注意を促した。

「皆さん、一斉に見ないで下さい。
近くにスリの親子がいます。
お母さんと娘でしょうか・・・。
さっきまで私達の後ろにいる中国人グループにピッタリくっついていましたが、
私達が来たとたんターゲットを変更したようです。
ただまだ仕事をしていないので、スリと決め付けるのは失礼ですけれど・・・
念には念をです。」

親子スリのお母さんは私の横へ、娘は私達のグループのさらに前へ移動した。
私の目を母スリに向けさせている間に娘スリが仕事をするのか?
私はきょろきょろと二人の動きを確認するしかなかった。
すると、母スリはさらに横へ移動し、
娘スリは私達の前に来た別の中国人グループに狙いを絞ったようだ。

11:00。 
「カラ~ン、カラ~ン」と仕掛け時計が始まった。
その時、私のお客さんの一人の女性が、
あたかも誰かに押されてしまったかのように装い、
娘スリの背を押すではないか!

その行動に驚いた女性の友人に女性はこう言っていた。
「だって、カバンに手を入れようとしたから!」
仕掛け時計よりもスリに興味があったようだ。
でも本当は危険な行為だ。
なぜなら、憂さ晴らしにと娘スリが殴りかかってくるかもしれないのだから。

いずれにしても何事もなく、結局、
娘スリも黙って仕掛け時計を見るしかなかったのである。


今回まで10回にわたり、「細矢vsスリ」と題してプラハのスリエピソードを紹介した。
昔に比べれば随分とスリの被害は減ったけれど、正直プラハはまだスリの多い街だ。

プラハだけでなくどこに行ってもそうだけれど、
「常に緊張感を保ち、自分の身は自分で守る」
という事を頭に入れておかねばならない。

しかし、防衛のために傘で叩いたり、
ニーパットを入れたり、グーで叩くのはやめましょう。
ああいう人は何をしでかすか分からないので、
刃物なんか振り回されたら大変です。
現に、私はパンチを受けてしまっていますから・・・

そのような行動に出なくてもすむよう、
事故を未然に防ぐため、常に注意していれば良いのです。

ただそれだけ。

おしまい


関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
04:55  |  細矢vsスリ   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/93-9cc872e8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |