2017.06.26 (Mon)

恐怖の蓋びらき

朝食をとる。
と言っても、ぼくは毎日朝食をとっているわけではないが、気が向いた時にたまにとっている。
そして出勤する。
職業柄、出勤時間、出勤場所は不規則だけれど、大体はお客様の宿泊するホテルに向かう。
自宅からプラハ市内にあるほとんどのホテルへの平均所要時間は30分から40分ぐらいだ。
家を出て、バス停まで歩き、最寄の地下鉄駅で降りて地下鉄に乗り換え、その日の集合場所ホテルに向かう。
30分から40分、ちょうど良い時間なのかもしれない。
ホテルに到着する頃になると腸内活動が活発化されていて催してくる便意。
だからホテルロビーに入るとトイレに直行する。
さすがに女性トイレの内情は分からないが、男性トイレの場合、小さいホテルで小便器×2、大便器×1、中型ホテルで小便器×4、大便器×3、大型ホテルにもなると小便器×4~6、大便器×4や5あるのが普通だ。

大便器個室の空き状況を把握する方法は、通常ドアが開いていれば空き、閉まっていれば使用中である。だからドアの閉まっている個室のドアをノックする習慣は無い。もちろん超高級ホテルになると話は変わってくるが、大体どこも似たようなものだ。
つまりドアの開いている空大便器個室に入れば良いのである。

では複数空大便器個室があるとして、あなたはどの空大便器個室を使いますか?
蓋が閉まっている個室?
蓋は空いていて便座はおりている個室?
蓋が空き便座も上げられている個室?
気にしない?

ぼくは蓋空き便座あがり個室は先客がそこで小便をしたであろうと考え使用を避け、と言うのもそう言う個室は床が汚されている事が多い、蓋閉り個室、蓋空き便座おり個室は特に気にせずどちらも変わらずに使用していた。
しかし、ある時から蓋空き便座おり個室を使用するように変わってしまった。
そんな事気にせずどこでも良いではないか!とおっしゃるなかれ。
蓋閉まり個室の恐怖を覚えてしまったら、誰もが蓋空き便座おり個室を使いたがるのは間違いないのだから。

ホテルなどのトイレは不特定多数の人が使うわけで、誰もが清潔に使うとは限らない。
トイレを清潔に使うと言う観点を持っていない人もいるし、清潔に使いたくともその時の体調次第でヤバイ人もいるのである。
以前、複数大便器個室のあるホテルで便意を催したものだから、トイレに駆け込み何も気にする事なく蓋閉まり個室を選んだ。
ドアを閉め、鍵を掛け、蓋を開けた。
蓋を開けた瞬間、ゔぁっ!オエ!と嘔吐しそうになってしまった。
そんな嘔吐くつもりはなかったのだけれど、蓋を開けたその中のお便器さまの素顔があまりにも想像を絶するお顔だったために、そんな気分になってしまったのである。
いつもは色白のお便器さまが真っ茶に化粧されていたあのお顔はあまりにも驚愕、そしてあまりにも醜悪すぎた。
そんな恐怖を想像できますか?
もし想像できたらみなさんもこれからは蓋空き便座おり個室を使用する事になるでしょう。

もし蓋閉まり個室を使用する時は、お便器さまは色白の時ばかりではないので心して蓋びらきを!

関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
07:16  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/947-8ff20c5b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |