2017.10.20 (Fri)

クロワッサン?

メトロの駅にはパン屋さんが併設されている駅が多い。
出勤中、と言っても仕事がら出勤場所が異なるが、その駅併設のパン屋さんでパンを買い、かじり歩きしながら出勤場所に出かける事がある。
ここに行く時はあのパン屋さんでそのパンを買い、
そこに行く時はこのパン屋さんであのパンを買い、
あそこに行く時はそのパン屋さんでこのパンを買い、
と、なんか出勤場所によって買うパンが決まっている気がするとか、しないとか、でもなんだか決まっている。
だいたいしょっぱいパンを買う事が多く、その中でもソーセージをパンでぐるぐる巻きパンが好きだ。
パンの表現がひど過ぎるが、ホットドッグとも違うし、チェコ版ホットドッグのパーレクフロフリークとも違うし、他に表現方法が無いからソーセージをパンでぐるぐる巻きパンとするしか無い。
一目瞭然だからパン屋さんで販売していたらすぐ判別できると思う。
本当にソーセージをパンでぐるぐる巻きパンだから。

しかし、たまに甘いパンも食べたくなる時がある。
その時、パッと候補に上がるのがチョコクロワッサンだ。
外身パリパリ中身ふわふわのクロワッサンのパリパリ外身の一部を覆うように同じくパリパリチョコがコーティングされ、ふわふわ中身の中央空洞部にトロトロチョコクリームが注ぎ込まれている。
最高のコンビネーションである。
しかし最近、明石家電視台よろしく、これってどうなん?なチョコクロワッサンを見つけてしまった。
明石家電視台を知らない人にはそれこそ、それってなんなん?的な例えだな。


今回は2日連続で食べて、写真は2日目の物である。


写真にある2日目のチョコクロワッサンはまだマシなのだが、初日に買ったチョコクロワッサンを手にした時は驚愕した。
これって焼く前のクロワッサンなんじゃない…?と。
窯入れ前の外身モチモチ中身モチモチクロワッサン生地にチョコインサートアンドコーティングしただけの物に見えたからだ。
100歩譲るとして、写真にある2日目のクロワッサンは人によってはしっかりとクロワッサンに見えるかもしれない。でも実際に現物を手にしたら、これマジでクロワッサン?となる事請け合いである。
でも食べてみるとなかなかどうして結構イケるんだなあ。
そのパン屋さんはメトロC線Vyšehrad駅のHáje行き改札そばにあります。
20コルナだから話のネタにどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
16:11  |  プラハで食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/969-c9dcaae8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |