2018.04.12 (Thu)

ジョージアでよつやすみ

本日は朝8:30ツアーオフィスを出発しました。
カザフスタン人夫婦、サウジアラビア人夫婦(ムスリムではなかった)、トルコ人女性と私の6人プラスガイドのデービットさんでトビリシから西へトルコの国境に近い地方への日帰りミニバンツアーです。

アハルツィへのラバト城 ახალციხეში რაბათის ციხე
まず最初に訪れたのはトビリシからは200kmほど離れたアハルツィヘです。
ここはトルコの国境まで20kmしかありません。
アハルツィへはラバト城というお城があります。


9世紀には町が設立され、13世紀から14世紀末まではこの地域のみやこでした。
モンゴルやトルコの来襲にも耐え続けていましたが、1590年のコンスタンチノープル条約後、この地はオスマン帝国の支配下となりました。


オスマン帝国はここを防衛基地として作り直し、1790年に初めてモスクが建てられました。
しかしながら1829年、露土戦争後のアドリアノープル条約でオスマン帝国はこの地を束なさねければならなくなりました。


現在のお城は2011年から2012年にかけて大修復されたものです。
ヨーロッパのお城ぽくない所もあるので、なんだかワクワクしました。
私は時間的に見る事ができませんでしたが、夜にはライトアップで綺麗にお化粧されたお城が見れます。


ヴァルジア ვარძია
アハルツィへから東方へ走ること約60km、ここに洞窟の町があります。


クラ川の左岸にそびえるエルシュテ山の傾斜に掘られて作られた町です。
その山を見上げたら、なんと、ニヒルな顔した犬が見つかりました。
分かりますか?
500mの高さに最大19層も掘られているそうです。


伝説によると、若かりし頃のタマル王女がおじさんと狩りに来た際にこの洞窟で迷い、「ここにいるの、おじさん」と叫んで自分の居場所を知らせたと言います。
ジョージア語で「アク(ここ)ヴァル(私がです)ズィア(おじさん)」と言い、この叫び声がヴァルジアの名前の由来になったと言います。


洞窟住居群の中央部には12世紀の教会があり、タマラ王女らのフレスコ画が残っています。
教会の名前は生神女就寝教会です。
しょうしんじょしゅうしんと読み、生神女就寝とは聖母マリア永眠の事を言います。
カトリックで言うところの聖母被昇天にあたります。
正教会のフレスコ画には見る者の目を見張らせ、そして心落ち着かせるものがあります。


教会を挟み東部と西部に別れていて、タマラの部屋、会議室、倉庫、食堂、ベーカリー、ワイナリー、薬局など400部屋ほどあるのです。


遠い昔に山に洞窟を掘って住居を築いていった のですが、現在に見れるように外から丸見えだった訳ではありません。
本来は山肌に開いてある洞穴は外から見るこ事は出来ず覆い隠されていました。
つまり山の中に洞窟住居を掘っていったのです。


山肌が崩れ落ちた結果、山の中に作られた住居群が露わになったのです。


山肌を良くご覧ください。
より黒く見える山肌部分が崩れ落ちず残る表面で、白っぽく見える山肌が表面が崩れ露わになった部分なのです。


ペルシャやトルコに対する防衛拠点としてかなり重要だった場所、ヴァルジアを見学しました。

ボルジョミ ბორჯომი
ヴァルジア見学も終了し、途中かなり遅めのランチを食べ、トビリシへの帰路、ジョージアを代表するミネラルウォーターが湧き出る町のボルジョミに立ち寄りました。
チェコでも有名なカルロヴィヴァリのような所です。
歴史公園には水汲み場がありました。


蛇口をひねると水が出でくるスタイルで、ペットボトル片手に水汲みに来る人が絶えません。
注意書きで5ℓを超えてはいけません。とありました。


公園を進むと滝が落ちています。
この時期は雪解け水が流れておりどこも水量が豊富です。滝の上には観覧車があり、公園入り口側からロープウェイで登る事が出来ます。


そして昔の水汲み場だった建物は歴史資料館になっていて、当地にニコライ2世が来た時の写真が飾られていました。


部屋の真ん中に昔の水汲み場が残っています。


私もペットボトルに水を汲んで飲みましたが、ややしょっぱめでした。
水の成分が歴史資料館に展示してあったのですが、あの丸々したジョージア語だったので皆目なんだかわかりませんでした。


市販されているボルジョミは飲み易くて美味しいですよ。
その後、先日出掛けたゴリ、そしてムツヘタを通過し9時にトビリシ到着しました。
長いフルデーエクスカーションでしたが、とても充実した1日でした。

明日はしばしトビリシから離れます。



メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
06:59  |  外国旅行  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.04.11 (Wed)

ジョージアでみつやすみ

ムツヘタ მცხეთა
ムツヘタはトビリシより北西約20kmの所にあるかつての都でした。かつてと言っても紀元前4-3世紀から6世紀初めまでと言うかつての事です。


トビリシのDibuneバスターミナルからマルシュルートゥカで行きました。バスターミナルもかなりごちゃごちゃしているのでどこへ行ったら良いのか分からなくなりますが、バスの運転手さんらしき人がどこへ行くのかと声を掛けてくるので、ムツヘタ、マルシュルートカ!と言えば、あっちだこっちだと教えてくれます。
ジョージア人は見かけはごついけれど、みんな優しい。
どこかのプの付く私が住む街とは全然違います。


さて、ムツヘタへ着いた後は早速タクシーを利用して、川を挟んだ反対側の山上に建つジワリ修道院へ行きました。往復で20ラリです。
ジワリからはクラ川とアラグヴィ川の合流地点と町全体、そして遠くにはコーカサス山脈も見えます。


タクシーで町に戻り、今度は川の合流点の所からジワリをじわりと見上げました。


そして町の中心にあるスヴェティツホヴェリ教会を見学です。


カトリックの教会と違い東方正教会の教会は本当に落ち着くものがあり、私は好きです。


このムツヘタは栃ノ心出身地です。

ゴリ გორი
ゴリ&ウプリスチへ日帰りバスツアーに乗りました。
朝9:30ツアーオフィス出発し、まずはトビリシから西へ76km離れたゴリに向かいます。
途中ムツヘタを通過して行きます。


ゴリはスターリンの出生地です。
ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリンと言います。
1878年12月18日に写真下の家で生まれました。
ゴリにあるスターリン博物館の前に本物が存在しているのです。
と言うか、生家の後ろに博物館を建てました。


1953年3月5日に74歳で亡くなっているのですが、博物館が設立されたのは彼の死後わずか4年後の1957年に開設されています。


博物館にはスターリンの写真、資料、所蔵品、70歳の誕生日プレゼントなど、多くの物が展示されています。


ツアーガイドさんこの町で生まれソ連のトップになったスターリンについてこう言いました。
スターリンについては50%50%、つまり好きだし嫌い。


ヤルタ会談に赴く際に乗車した車両もあります。
中へ入りましたが個部屋に分かれていて浴室もあり見事な車両でした。


ウプリスツィヘ უფლისციხე
さてゴリから30分ほど走り、洞窟住居ウプリスツィヘに移動します。


すでに青銅器時代には人類が居住していた形跡があり、紀元前6世紀には町が設立されました。
ジョージアでの最古の町のひとつになります。
シルクロードの経済中心地となり1世紀には5千人もの人口があったとも言われています。


ムツヘタやトビリシに都が移ると町の位は落ちたものの、ムスリムやモンゴルの侵攻に対しての重要な軍事拠点にもなりました。


神の砦と呼ばれています。

ゴリ&ウプリスツィヘツアーは15時ごろにトビリシに戻りました。
その後ワインをしこたま飲んだのは言うまでもありません。




メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
05:04  |  外国旅行  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.04.09 (Mon)

ジョージアでふたやすみ

ジョージア語はどの言語とも似ていないと言います。
北にロシア、東にアゼルバイジャン、南にはアルメニアとトルコ、西は黒海と接しておりますが、どの言語とも似ていないのです。
ペルシャやモンゴルの影響も受けているのにです。
昔はソビエト連邦だったのでロシア語は通じます。
英語もトビリシでは問題ないでしょう。

さて、ジョージア語にはオリジナルの文字があります。
33文字で構成され、大文字と小文字の区別はありません。
初めて見るとナニこれ?となりますが、ひらがなカタカナ漢字を学んでいる日本人なら2週間、いや1週間、理解力のある方なら3日で読め、自分の名前を書けるようになると思います。
私の名前はこうなります。
მოტოჰირო ჰოსოია
もとひろ ほそや
Y、そしてヤ行がなく、「YA」が「いあ」となります。

以下に有名な店舗の看板をご紹介します。
可愛らしい文字ですよ。

バーバリー バルベリと読む。


ポール ポルになるのかも…。


イビス スタイル サストゥムロ(ホテル)。


サブウェイ サブヴェイと読みます。


ケンタッキーフライドチキン ケイエフシと呼んでください。


H&Mです。


ローマ字と比べて下さい。


ロゴで一目瞭然ですね。


私が1番好きなチェコビール、ベルナルドです。  
主格なのでベルナルディとなります。

文字は可愛くて頑張れば意味が分からなくとも読み書きは出来るようになると思いますが、会話となると大変です。
いくつか例を挙げてみましょう。

こんにちは ガマルショバ
さようなら ナフヴァムディス
ありがとう グマドゥロブ、ディディ マドロバ
友達 メゴバリ
友達たち メゴブレビ
格変化ではメゴバルマもあるのです。
なんだかドラクエの呪文のメラ、メラミ、メラゾーマようですね。
パルプンテなんて単語もあったりして…。

まあ、チェコ語のズムルズリナ(アイスクリーム)も、日本語のどういたしまして、なども呪文と言えば呪文ですね。
世界にはいろんな言葉があって不便だけれど、なんか楽しいですね。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
15:48  |  外国旅行  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.04.08 (Sun)

ジョージアでひとやすみ

病気が始まりました。
この病気は中毒性があり、ハマるとなかなか治療が難しい病気です。
ただ、あえて治療しなくても良くて、、ハマり用によっては自分を高めてくれる病気です。
その病気とは、ずばり、旅行。


例年、年度始めはあまり忙しくなく、自由業の私は遅めのイースター休暇と早めのゴールデンウィークを取る事にし、初上陸となるジョージアに来ています。
これまた初搭乗となるジョージアエアーに乗って首都トビリシへ飛びました。


ジョージアは以前まではグルジアと呼んでいた国です。グルジア語ではサカルトヴェロと言います。
栃ノ心、臥牙丸、黒海の出身地でもあります。


まあジョージアうんちくはここでは詳しく書きません。
ジョージアの首都トビリシは暖かいという意味で、だからか町に銭湯があるとか、クイーンタマラがどうだとか、ジョージ3世がああだとか、12世紀が黄金期だとか詳細はウィキペディアや先駆者のブログにお願いする事にします。
私はただただ見たことのない景色をぼーっと眺めながらながら2週間ジョージアでひとやすみします。
てか、2週間!
これはもうひとやすみの長さでは無いですね。
いいおっさんがひとりで何やってんだか…。
大事な家族があって会社勤めでは考えられないですね。


2週間のひとやすみと言うことで、隣国のアルメニアやアゼルバイジャンにも行くかジョージアだけにするか、それと宿を転々と渡り歩くか1か所に居座るか考えました。
3か国を旅する事にも惹かれましたが、今回はジョージアのみの滞在にして、滞在基地を決めそこから旅を始めることにしました。


そこで滞在基地として首都トビリシにアパートを借りました。
民泊というやつです。
14泊借りて700ラリ、つまり250ユーロほどです。
そうです。ジョージアの通貨はラリと言います。
途中に4泊ほど外泊する予定なので、その日数分は無駄になりますが、荷物置き場にさせて頂く事にします。
写真下はアパート外観の写真ですが驚かないでください。
もちろん左の建物ではなく、白い立方体形の建物です。
寝室もキッチンもバストイレも清潔でロケーションも良く申し分ありません。
ここをベースにまずは首都トビリシを見学し、他に主な見所を回ります。


トビリシではメトロマネーカードなる物購入しました。
いわばSuicaです。
ロープウェイ駅、地下鉄駅で購入可能です。
市内の地下鉄、バス、ロープウェイで利用可能と便利物です。
カード2ラリでまず18ラリほどチャージしました。
地下鉄、バスはシングル料金0.5ラリでロープウェイは2.5ラリです。


さあ、チェコよりやや狭い面積のジョージアで、どこをどのように回るか計画をしていましたが、手っ取り早くトビリシ発日帰りツアーに乗る事にしました。
なぜなら14泊も宿を取っていますし、個人でバスターミナルまで行って、チケット買って、バスに乗って、また最終目的地まで更にタクシーやバス乗り換えをして、現地人とあーだこーだやり取りするのは楽しいけれど、やはり面倒かなと思ったからです。
ツアー移動だとひとりで自由に回れない不便はありますが、見所を抑えてくれて、100%聞き取れなくとも英語解説があるのは強みです。


そして4本のツアーを写真上の旅行社で予約しました。ちなみにプラハにもこの会社はあります。全ヨーロッパにあるでしょう,。
4本のツアーは以下の通りで3人以上の参加者がいないと催行されません。
・スターリンの出生地ゴリとウプリスツィへ洞窟住居
・ラバト城、ヴァルジア洞窟の町、ボルジョニミネラルウォーター源泉巡り
・カヘティ地方巡り
・ダビデ ガレイ修道院
これで235ラリ.つまり80ユーロほどです。


あとカズベキ山エリアには自力にするかツアーに乗るか考察中で、メスティアとクタイシ近郊は自力で回ります。
自力とは行ってもタクシーとかを使うのですが…。


もしツアー参加は希望せず、とにかく個人でバス移動だ!と言う場合は、主にDidubeバスターミナルが多数発着しているのでそこへ行き、チケットを購入し、マルシュルートゥカと呼ばれる乗り合いミニバスで移動して下さい。
ツアーに参加するのかなよりは格安ですが、バスの定員人数が乗車するまで出発しないケースもあり、時間が読めないことがネックです。
ひとつのアイデアとして、複数人で旅する場合はミニバンTaxiを貸し切ってプライベート日帰りツアーで行く方が楽しいでしょう。


て、長々と聞きなれない地名、そしてつまらないお話で失礼しました。
今回の投稿ではトビリシの写真ばかりアップしていますから、他所の写真は改めてアップしていきます。
ジョージアでひとやすみ。🇬🇪


修復中のエリア。


木造バルコニーが多い。修復していないところも多し。これから修復が進めばもっと綺麗になる。でも懐古主義者に言わせたら今が良い。もっと昔が良かったと思うのかも。


Rike公園とナリカラ砦を結ぶロープウェイ。


劇場。


ムタツミンダ山からの景色。
ナリカラ砦とは別の山でケーブルカーで登る。
メトロマネーカードは使えない。
頂上にはレストランがあり、まだオープンしていなかったが小さい遊園地にもなっている。


大聖堂そばの八百屋さん。


大聖堂。


ロープウェイ夜景。


トビリシの母。


植物園そばの滝。


日本庭園。


銭湯の屋根


トビリシ თბილისი
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
21:00  |  外国旅行  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2018.03.31 (Sat)

梅酢

チェコで有名なバイオ食品店のカントリーライフ。
ここではよく納豆を買っています。


150gで29コルナで、前まで25コルナだったけど、そして昔はなんかアンモニア臭みたいなにおいがしたけれど、改善されていて普通に食べられる。


刻みネギ&醤油だけでなく、卵の黄身を入れたり、キムチを混ぜたり、梅肉を混ぜたり、なかなか美味しい。

そして他にも大麦、蕎麦の実、玄米、お豆腐、ドライイチジクなども結構頻繁に購入している。
そうそうこの間は梅干しを買った。

で、その梅干し繋がりだけども、オイルやお酢のコーナーを見ていたらこんな物を見つけた。
ひょっとしたら奥様方はすでにご存知かもしれない。
何かと言うと梅酢である。


200mlで39コルナだ。
ひと舐めすると食塩分が多い気がして、酸っぱいよりもしょっぱい感が強いけれど、お肉のタレ的にいけるし、オリーブオイルやごま油と混ぜてドレッシングにとなかなか利用価値がある。


さっぱりすっきり味をお求めの方はぜひ試してみたはいかがか。

メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
17:54  |  プラハで買おう  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.03.24 (Sat)

穴があったら

ヴァーツラフ広場で絶賛?工事中。
現場はフェンスで囲まれ、ヴァーツラフ広場の歴史が紹介されている。
そのフェンスのひとつにこんなデザインがある。


そばによると穴が。


となると、覗きたくなるよねー。


覗き見れば、絶賛?工事中。


穴があったら、のぞいてみる。
のぞいてみる?
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
09:04  |  プラハで観る  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.03.13 (Tue)

期間限定からくり時計

旧市街市庁舎の塔は未だ修復真っ最中。
塔の下の方には写真がプリントされたシートが一部分に巻かれていたが、ついに下方全体が写真プリンティドシートで覆われ、天文&からくり時計の部分にはデジタルパネルが設置された。


この間の土曜日は動いていなかったけれど、本日月曜日正午、ついに私はそれを見た。


まあ良しとしよう。
修復が終わったら見れなくなる物だから、これはこれで見る価値ありですよ!
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
12:30  |  プラハで観る  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.03.07 (Wed)

美味しい珈琲を飲みませんか?

苦いけれどまろやか。
あんな珈琲は初めて飲んだかもしれない。
エスプレッソが39コルナ。
ショッピングモールのパラディウムと中華レストランマカオの間のTruhlářská通りを進んで行くと、この珈琲屋はある。
新鮮焙煎珈琲!


店内はめちゃくちゃ狭い。
基本、豆売りをしている店だから広さは必要ないか。
でも、散歩中の休憩に一杯軽く珈琲を!という方にはマジおススメの店だ。
エスプレッソが苦いけれどまろやかなんだもの。


しかもマスターは超珈琲通で、珈琲についてなんでも知っている。
もし、ご家庭でドリップ珈琲を楽しまれている方はぜひここまで足をお運びください。

コーヒーとカタカナではなく珈琲と漢字て書きたくなる珈琲店です。
http://cerstve-prazena-kava.cz/
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
18:42  |  カフェ巡り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT